TOPい戻る

ヘッダ

社員が仕事と子育てを両立させることができ、職場と家庭生活のバランスのとれた働きやすい環境を作ることによって、全社員がその能力を充分に発揮できるようにするため、次のように行動計画を策定する。

1.行動計画期間 平成22年4月1日〜平成33年3月31日

2.内容
目標1:育児休業中の社員に仕事関係の情報を提供し、円滑な職場復帰を支援する。
【対策】メール、電話等による情報提供、社員周知事項の情報提供。
目標2:就業継続や妊娠・出産・育児などを相談できる窓口を総務チームに定める。
【対策】産休・育児休業所得予定者に向けた制度の説明の実施と関連資料の配布。
目標3:定時退社及び残業削減のための取り組みの促進。
【対策】育児中の社員についてはフレックスタイム制等を利用し子育てに支障きたさないように会社も支援する。
目標4:有給休暇の取得促進
【対策】年次有給休暇の連続取得促進・取得日数の通知。


社長あいさつ概要・組織図・沿革企業行動憲章|次世代育成支援行動計画|



イメージ写真